カビに感染した医療大麻(その解決策とは)

9月 11, 2020

Medical Cannabis Infected with Mold (& our solution!)

カビや菌類、農薬に感染した医療用大麻は、特に免疫力の低下した患者にとっては、深刻な健康被害をもたらす可能性があります。

最近、患者が医療用大麻にカビが生えたと訴えがありました。

私たちの調査によると、以下の重要なヒントがあります。

最近、カリフォルニア州をはじめとする世界各地で、医療用大麻に農薬や菌類を残留させないという、より厳しい新しい洗浄規制が発表されています。

しかし、カビとはいったい何なのでしょうか?

これらは、大麻のような植物に生えるいくつかの種類の真菌です。カビの多くの種類が大麻の花を攻撃することがありますが、主なものは「ボトリチス」(「芽腐れ」や「灰色カビ病」とも呼ばれる)、「アスペルギルス」、「ペニシリウム」です。

カビが喫煙によって摂取されると、肝臓を通らずに肺から直接血流に達することもあって、食べるよりもはるかに危険です。

ですから、大麻にカビの恐れがある場合は、すぐに捨てるのが正解です。カビの生えた部分だけを切り取って、生えていない部分を保存しても、カビの胞子が他の花に広がってしまうので意味がありません。
カビのある大麻を吸うと、肺真菌感染症、呼吸困難、肺炎、頭痛、嘔吐、下痢を引き起こす可能性があります。免疫力が低下している医療大麻患者にとって、カビの喫煙は生命を脅かす可能性があります。
生産者にとって、これは現実的な問題です。カビを防ぐための農薬を使用しても、大麻には有毒な残留物が残り、これらの残留物は禁止されており、危険です。農薬を使用しないと、カビ菌が発生する可能性があり、商品が失格となるため、生産者は再び損失を被ります。

解決策はありますが、医療用大麻に放射線治療を施すという非常に高価なものです。

その上、農家は窮地に陥り、薬品は菌類に対する効果を失い、多くの物質は農家にとって危険であり、多くの物質は生態環境に害を与えます。規制では、有害物質の毒性のために、収穫間際や後に散布したり処理したりすることはできません。

農家にとっての結果は非常に明確で、財政的な投資の後に膨大な量の商品を失うことになります。

明らかな解決策は、農家にとって有機的で、効率的で、手頃な価格の解決策に移行することです。

研究や文献によると、葉の病気に効くエッセンシャルオイルはいくつかありますが、菌との戦いに成功するだけでなく、花序や果実を傷つけたり、燃やしたりするものもあります。

また、これらのオイルは、農場や商業的な量を散布するには費用がかかるため、末端の農家にとっての解決策としては無意味です。

ボタノヘルス は、医療用大麻を栽培する上で、先に述べたようないくつかの課題を克服する有機的な解決策と技術を開発しました。


ボタノヘルスの解決策「BHB」は、有毒な農薬の使用を避けることができるだけでなく、ボトリチス、ペニシリウム、アスペルギルス、そしてもちろんカビを防ぐことができ、しかも花序を焼いたり傷つけたりすることなく使用することができます。
ボタノヘルスは、独自の特許を持つ新技術を開発しました。この技術は、果実や植物に害を与えることなく、植物の有効成分のパワーと効率を20倍に高めます。


この技術は、植物の有効成分のパワーと効率を20倍に高めます。

この技術は、有効成分を含む植物成分の相乗効果を生み出すもので、その結果、葉の病気に対して農家にとって妥当なコストで毒性がない非常に効果的で有機製品となります。

本製品の使用は、製品損失の重要な2つの段階、すなわち、収穫間際と収穫後の保管・冷却中に関連しています。これは、作物の生育中に製品を予防的に散布することで行われます。この製品は、葉や果実に薄い保護膜を施し、カビの蔓延を防ぎます。

また、収穫後、冷蔵庫で保存する前、さらには冷蔵庫での保管中にもBHBを噴霧したり、洗浄したりすることができます。
規制 ー 米国で認可が免除されている植物を原料としています(OMRI「米国の有機資材評価研究所」認証(FIFRA Section 25(b)による最小リスクの農薬として))。

この製品は、欧米の実験室での実験や実地試験での実証実験で効果が確認されています。

この技術に基づいて有機保護を使用すると、消費者までの末端に届く農産物の量が増加します。有機的な保護を使用すると、農家は健康を害することを恐れることなく、収穫間近の農産物を扱うことができます。

もちろん、生態学的な面でも、有機成分をベースにした製品は、環境を構成する大気や土壌、植物に害を与えることなく、環境に溶け込んでいきます。

BHBは、医療大麻のカビ、灰色かび病(「芽腐れ」または「灰色かび病」とも呼ばれます)、アスペルギルス、ペニシリウムを防ぎます。BHBは、製品の損失や真菌の危険な影響を防ぐことができます。BHBは、医療用大麻に含まれるカビ、ボトリチス(「芽腐れ」や「灰色カビ病」とも呼ばれる)、アスペルギルス、ペニシリウムを予防し、農作物の損失やカビによる危険性を防ぐことができます。






また ブログでは

Sell of Minority Participation to HANSEANDINA
Sell of Minority Participation to HANSEANDINA

5月 26, 2022

記事全文を見る →

Organic agriculture (farming) with BH-B
BH-Bを使った有機農業(農法)

4月 01, 2022

ボタノヘルス社のBH-Bは、健康志向の高い農家が作物に使用するべき有機殺虫剤・殺菌剤です。BH-B は毒性がなく、価格も化学製品と同じ程度で、化学的毒性のある製品と同等以上の効果があり、OMRI 「米国の有機資材評価研究所」認可を受けています。

消費者の健康と環境を考慮し、有機栽培を目指すなら、BH-Bはその第一歩となる製品です。

記事全文を見る →

Orders from Japan are increasing
日本からのご注文が増加

1月 16, 2022

BH-Bを使用する日本の農家がますます増えています。
20リットルのご注文を頂き、発送が完了したところです。

記事全文を見る →

無料お試しキャンペーン

ボタノヘルスBH-Bの250ccボトル1本を先着で10名の農家さんに無料進呈!

イスラエルからの送料も無料です。

詳細はこちらをクリック!

日本語